先日コアのFacebookに紹介した、山中湖の『隣の新住人』3羽の赤ちゃんが誕生した白鳥一家ですが、1週間後に2羽しか見当たりませんでした。それから2週間、行く度に探してみたのですが、やっぱり見当たりません。

最初に写真を撮った産まれたての頃から、近くをトンビが旋回してたので気になってはいたのですが…

前回のブログに『風邪ひきの仔猫』のことを書いた延長で『生命』について考えさせられるままに、眠れぬ暇潰しに投稿してみました。

変えられぬ『宿命』と創られていく『運命』が縦糸と横糸が交錯しながら織りあげていくかのような『生命』の輝きも自然の大きな力の前にはアッサリと引きちぎられてしまう。

ちょっと待てよ❗
よけいに眠れなくなりそうだ。
『宿命』には逆らわず、『運命』には立ち向かう覚悟で❗みたいな強い意思と、柔らかさを兼ね備えていたいなぁ🎵
眠くなってきた「ふにゃふにゃ」と柔らかさはあるようだ。元柔道マンだから?