この時期(梅雨時)になると増えてくるのが『めまい』の患者さん。時に『耳鳴り』や『難聴』も併発することも多いです。以前紹介した『メニエール症候』です。

何故、この時期に❔

はっきりとした原因がわかっていない症候群ですが、一説に(内リンパ水腫)と言われていますので、何か湿度や水分との関係がありそうです。そこで東洋医学的な見方をすると、これぞ『水毒』❗みたいに考えられます。気温が上がり、あちこちから「水分補給を❗」なんて聞こえ始めると『めまい』を始めとする不快な兆候も増えてくるのです。身体の中に余分な水分が溜まってくると起きてくるようです。

だから、解決策は『水分補給を控える❗』ことが一番です。周りは「熱中症対策」として水分補給を奨めますが、『めまい』が出たら要注意です。出る前の予防法は、朝、起きたら鏡で自分の舌👅をチェックしてください。下の写真のようにブヨブヨして、歯の跡なんかついてたら『水分取りすぎ❗要注意❗』です。

『耳鳴り』『難聴』があったら、すぐに専門医(耳鼻科)に行ってください❗様子をみて…なんてのんびりしてると、取り返しのつかないことになってしまいます。一生聴こえないのは困るでしょ?

2年目の最初が、お役に立たないブログでしたので少し反省の意を込めて書きました。