ポールストレッチで背骨をリセットすると身長が変わる❗って書きましたが、曲がっていた背骨が伸びるのだから、当たり前と言えば当たり前過ぎました。

それ以外の実感した効果も残しておきます。コアでは、リセット前と後とで硬めの床に寝ていただきます。リセット後には、床と背骨との間の感覚が明らかに変わり、背中が床に吸い付く感覚⁉を実感できます。そのせいでしょうか、老人性早起き性(笑)の僕でしたが、毎日リセットストレッチをするようになってから、睡眠時間が長く、深くなったようです。部屋のカーテンを変えたせい?かもしれないけど、とにかく良く眠れます🎵

これを医学的に説明すると、いわゆる『自律神経の調整』に影響があると思われます。背骨からは、副交感神経、交感神経が出ていますが周辺の筋肉が緩むことでその働きがリセットされ活性化されると考えられます。続けることで内臓の働きが変わってくることも推測出来ます。

今、自律神経の失調から睡眠薬を手離せない数人の会員さんに、この事を内緒でお勧めしています。しばらくしたら聞いてみたいと思います。良くなっていたら、「カーテンのせいではないよ❗」と得意気にまた報告させていただきます。