久しぶりに会員さんをエスコートするバリツアーです。雨季に入ったバリですから、長靴や炊飯器にお米等々(笑)さながら、お引っ越しです。
出発当日の予報では雪が降るそうで、早めの出発となりました。みなさん、初めてのバリですから未知の世界です。首かり族が住むというインドネシアですから、さぞ緊張しているでしょう!

一日目は、ダンスを観たり芸術の村や寺院を訪ねたりとハードスケジュールな一日でしたが、笑いの絶えない楽しさ満載でした。
二日目は、ちょっと贅沢にカタマランセイリングでお隣の島に足を延ばしました。船にはシヤンパンとこだわりシヤンパングラスを持ち込んで、雰囲気はお洒落に、見た目はオヤジたちの宴会?ランチには、島で調達した60㎝は超える大きな取れたばかりの鯛をバーベキューにしてもらい、大満足の一日でした。
三日目は、これまたハードなアユン川のラフティング。谷底への登り降りも含めて、今までで一番ハードで真剣に漕ぎましたよ(笑)。川下りを天竜川や長瀞を想像していたようで、あまりのギャップに驚く顔は想いだし笑いを誘います。
みなさんが心配していた食事も、お気に入りに追加していただけたようで、最初は慎重に手を出さなかった品々をも味わっていただけて良かったです。今日は最終日、ホテルでのんびり過ごしていただきましょう!日本に戻り、どんな思い出話が飛び出すか今から楽しみです。​