先に脊柱側湾(機能性)に効果が期待出来るかも?的な内容をアップしましたら、沢山の関心をいただきましたので加筆しておきます。
最初に、思春期に発症した器質的な側湾(構築性)は運動や整体カイロ他では「治せない」と言うのが医学会の定説です。
本例は、足の親指の巻爪の手術後に発症した(機能代償)から起きた側湾と仮定して運動療法を始めました。

筋力不足による扁平足→足首が外を向く(外反足)→巻爪・外反拇趾《痛み》→姿勢で代償→骨盤変位・側湾症
原因がわかれば、なんとかなる⁉
なんとかしたい‼と言うことで

足裏のアーチを作るための前脛骨筋トレーニングを開始しました。抗重力筋群・体幹はもちろんですね!前脛骨筋はスネから足裏についているので、アーチ作りには大切ですよ。

最後にテニスボール踏み(竹踏み)で足裏の腱膜を緩めて終わりです。ほとんどのトレーニングは自宅で出来るので、巻爪や外反拇趾でお悩みでしたら是非お試しください!
すぐに効果が出るものではないので、様子を見ながらまた報告させていただきます。