カーテンの向こうがやけに明るい。いつもなら、ベッドに入るやいなや瞬早快眠を特技としているのに眠れない❗

眠れない次の朝は、決まって朝イチ仕事が待っているのもシャクにさわるけど、眠れないなら仕方ない。ウイスキーをグラスに注ぎ、カーテンを開けお気に入りのサンルームに移動する。ここは、富士山を目の前に心地いいソファーが置かれた快適なくつろぎ空間。明るい理由、眠れない理由がわかった。満月を明日に待つ、『月のエネルギー』に呼ばれた?


昨年以来の月光浴。ウイスキーの微かな薫りが漂う中で瞑想を満喫しました。目覚まし時計をセットしたけど、後2時間、起きれるかなぁ。そろそろ、新聞やさんも来る時間。