子どもの頃(10代)にお世話になった先輩がまた一人、旅立たれました。生意気なガキに、悪い遊び?でさらに生意気に育ててくれた恩人です。数週間前に連絡したとき、息子さんから検査入院と聞き心配することもなかったのですが…

その人との出会いは、一艇のカヌーをいただいたことから始まりました。古ぼけたカヌーにヤスリをかけて、ペイントして得意気になっている僕に荒れた海の話をやっぱり得意気に話してくれました。また、ある時には免許もないのにモーターボートや、キャデラックのオープンカーを惜しみなく貸してくれて、生意気に磨きをかけてくれました。それからも、ヨットや水上スキーなどその頃にすればなかなか経験出来ない遊びをたくさん教わりました。遊びのベースを植えつけてくれた恩人です。

僕もいつの間にか大人になって、(そろそろ還暦)一人前にしてるけど、たくさんの『遊び人』先輩の教えに育てられたことを実感します。咥えタバコの遺影が、生きざまを象徴し過ぎていて…何も言えません!

お先に逝かれた先輩たちを見習って、さらにやりたいことをし続けることにしょう!